,

えちぜん鉄道三国港駅(福井県坂井市)

老朽化により改修。「改修前の駅舎をなるべく復元し、地域に親しまれ、観光ルートの要所になってほしい」との要望があり、1913年(大正2)年に建設された旧駅舎の梁(はり)や柱、瓦などはそのまま利用しました。駅舎南側には観光情報施設があり、展示室にはえちぜん鉄道の歴史や国鉄三国支線の名残が分かるパネル展示もあります。

■用途:駅舎
■竣工年:2010年
■構造:駅舎…木造平屋、観光情報施設(兼乗務員宿舎)…木造2階建て
■施工面積:162.59㎡

関連商品

  1. 坂井市 Y邸

    【ポイント】・白壁とコンクリート、天然木の格子の組み合わせが印象的な外観・休日の過ごし方に楽しみが膨らむテラススペース・床から天井や建具まで、贅沢に無垢材に包まれたLDK・トップライトがバスタイムを特別な時間にしてくれるモダンなバスルーム…

  2. 古城ホール

  3. 和式のトイレから洋式へリフォーム

  4. 何もなかった空間が元々あったかのようなクローゼットに

  5. 南陽株式会社様

  6. 大型高圧 太陽光発電所 事例集03

    1.石川県加賀市 0.5M発電所 2.坂井市坂井町 0.5M発電所 3.坂井市春江町 0.34M発電所 4.坂井市丸岡町 0.25M発電所

ページ上部へ戻る