,

えちぜん鉄道三国港駅(福井県坂井市)

老朽化により改修。「改修前の駅舎をなるべく復元し、地域に親しまれ、観光ルートの要所になってほしい」との要望があり、1913年(大正2)年に建設された旧駅舎の梁(はり)や柱、瓦などはそのまま利用しました。駅舎南側には観光情報施設があり、展示室にはえちぜん鉄道の歴史や国鉄三国支線の名残が分かるパネル展示もあります。

■用途:駅舎
■竣工年:2010年
■構造:駅舎…木造平屋、観光情報施設(兼乗務員宿舎)…木造2階建て
■施工面積:162.59㎡

関連商品

  1. 遊び心もある、お料理が止まらないキッチンへ

  2. 何もなかった空間が元々あったかのようなクローゼットに

  3. 坂井市 H邸

    ホテルのロビーを彷彿する、くつろぎと高級感漂う贅沢なLDK。ボルドー色が部屋のアクセントにもなってるアイランドキッチン。家事動線もコンパクトに設計。間接照明を工夫した、美しい玄関。飾り棚は旧家の床板を転用…

  4. 家族みんなが笑顔に

    トイレ入替え、既存トイレ廃棄、クロス・床面貼り替え、ペーパーホルダー入替え、手洗い器移設をいたしました。

  5. 越前市 A邸

    【ポイント】 ・モスグリーンのガルバリウム鋼板外壁に玄関ポーチのベイスギ板貼りアクセント ・玄関ホールに手洗いを設け衛生面に配慮 ・吹抜を設けることで開放感を感じるダイニングに ・LDKの一角に畳コーナーを設けくつろぎ感アップ ・寝室に間接照明を設け落ち着ける空間へ ■竣工:2021年 ■構造:木造2階建て ■延床面積 134.96㎡(40.7坪) 1階:床面積…79.30㎡(23.9坪) 2階:床面積… 55.66㎡(16.8坪)

  6. 福井県立大学 学生スタジオ

    あわら市二面に建つ学生スタジオ。 福井県立大学の管理研究棟の隣に、創造農学科棟の平屋建て施設が完成。 構造・内外装壁に福井県の木材を使用し、内部に越前和紙の壁紙を用いています。 木造の軸組を一部見せることで空間の広がりと温かみを感じる施設になっています。

ページ上部へ戻る