,

和式のトイレから洋式へリフォーム

皆様こんにちは

ひがしかど建設株式会社 です。

今回ご紹介は【トイレリフォーム】でございます。

施工前のお写真からご紹介いたします。

腰あたりから床面がタイル張りですね。

そして和式便所というタイプですね。

しゃがみこんでのトイレになり、足腰に負担がかかってまいります。

このトイレを楽に、綺麗に使用できるようリフォームのお手伝いをさせて頂きました。

施工費を抑えるために壁面のタイルは残してとのご要望があり、入替えを行いました。

いかがでしょうか。

しゃがむ動作がつらかったトイレから、和式から洋式のトイレに変更です。

以前のトイレと同様手洗い器も設置し、床面は寒々しかったタイルからお掃除の際膝をついても痛くないクッションフロアに変更しました。

これに伴い、トイレットペーパーホルダーも位置変更です。

使用した便器は【Panasonic製 アラウーノV】という便器です。

有機ガラス系新素材を使用した材質の便器です。

陶器とは異なり、汚れ自体が非常につきにくく、かつ丈夫な材質です。

さて、有機ガラス系新素材とはどんなものなのでしょうか?

身近なものと置き換えますと、【水族館の水槽】や【飛行機に使用している窓】と同じ素材です。

強度のあるガラスの代用品、Panasonicがトイレの為に開発した特殊な樹脂製の材質という所ですね。

金たわしこそ使えないものの、そもそも汚れが付きにくい材質なのでお手入れも少なくてさらっとおそうじできます。

私の実家にも同じPanasonic製品のトイレを使用しており、非常に掃除が楽になったと母親が言っていたことを思い出します。

余談でしたね。

しゃがんで使用するという負担がなくなり、楽にトイレができる空間へとご変更のリフォームのご紹介でした。

最近は災害レベルと発表があったように暑さが本当に厳しくなってまいりました。

先日の投稿でおすすめしました「シャツクール」ですが、ドラッグストアなどに売っていたものが

別名でなんと100円均一に売っていました。

最近の100円均一にはなんでもあるのだなと感心しつつ心が躍りました。

今後もお客様にとって良いリフォームのご提案ができますよう努力していきます。

引き続きひがしかど建設株式会社をどうぞよろしくお願いいたします。

関連商品

  1. お部屋とマッチしたキッチンへ、採光の取れる扉にリフォーム

    お部屋とマッチしたキッチンへ、採光の取れる扉にリフォーム

  2. LULL(ラル フレンチレストラン 坂井市三国町)

    およそ120年前に宮大工に5年の歳月をかけて建てさせた文化財級の古民家をモダンにリノベーション。Surf&Turf をコンセプトにした One&Only のハイクオリティ・フレンチレストランとして生まれ変わりました…

  3. 何もなかった空間が元々あったかのようなクローゼットに

  4. わっか保育園

  5. 嶺北丸岡消防署(坂井市丸岡町)

    旧庁舎(一本田)から東約1kmの場所(愛宕)に新築移転し、7790㎡の敷地に鉄骨3階建ての庁舎と、鉄筋コンクリート4階建ての訓練塔を整備しました。防災拠点施設としての耐震性能を強化し非常用発電設備を設置…

  6. 人気のリフォーム ●お手軽2重窓●

ページ上部へ戻る