,

住み慣れた客間を明るい寝室に

このお部屋は元々客間としてありました。

ですが使うことも少なくなり、もったいない空間となっておりました。

そんな中、もっとうまく空間が使えないか、ゆっくりできる部屋にリフォームできないか、とご相談いただきました。

押し入れ、フローリングではなく畳、大きめの窓をリフォームしましょうと提案、お見積作成いたしました。

押し入れだった部分をテレビスペースと収納にすることでテレビ台などのでっぱり部分が壁と均一になるので、空間がより広く感じられます。

窓を2重にすることで、結露防止と防音対策、更には夏場は熱を防ぎ、冬は熱を逃がさない一石三鳥の効果が得られます。

開き戸だった扉を引き戸にすることで入退室の負担を軽減します。お客様の移動時、お体の負担も減りました。

リフォーム後、部屋を見たお客様は「この部屋をもっと早くこんな風にしておけばよかった。部屋に戻ってゆっくり自分の時間を過ごせる。」と、お声を頂きました。

見慣れた客間、住み慣れた家の一角を帰るのが楽しみなお部屋になったというご紹介でした。

ひがしかど建設はこれからも、このようにお客様に喜ばれる提案、施工、アフターサービスを提供できるよう尽力いたします。

今後とも、ひがしかど建設をご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

関連商品

  1. グループホーム完成

  2. 落ち着いたモダンな階段リフォーム

  3. えちぜん鉄道三国港駅(福井県坂井市)

    老朽化により改修。「改修前の駅舎をなるべく復元し、地域に親しまれ、観光ルートの要所になってほしい」との要望があり、1913年(大正2)年に建設された旧駅舎の梁(はり)や柱、瓦などはそのまま利用しました。

  4. 家族みんなが笑顔に

    トイレ入替え、既存トイレ廃棄、クロス・床面貼り替え、ペーパーホルダー入替え、手洗い器移設をいたしました。

  5. 福井市 M邸

    【ポイント】・大開口サッシから陽光が明るく差し込む広々としたLDK・大型仏壇を納める1間仏間を要する正統派の和室・広々とした子供部屋は、将来的に二部屋に分ける予定…

  6. 古城ホール

ページ上部へ戻る