暮らしの広場

  1. レモンでリンス!

    髪の毛がべとつきやすい人は、シャンプー後にレモン汁を入れた湯ですすぐと、脂っぽさがとれて地肌がさっぱりします。フケ予防にも効果的です。石けんでシャンプーした後のきしみ防止にも効果的です。

  2. せり湯で冷え性緩和

    せりには体内の塩分を排出し、血流をよくする働きがあります。特有の香り成分にも保温効果や発汗作用があるので、せりを浮かべた湯に入ると体が温まり血行がよくなり、冷え性が緩和されます。せりを粗く刻み、布袋に入れて湯に浮かべましょう。リラックスできますよ。

  3. ゴールデンウイーク突入!八重桜は見ごろの時期

    この忙しさで桜を眺めることもできず、季節は過ぎ去っていきましたが、まだ八重桜は見ごろの時期ということです。そういえば、昨年とても珍しい黄緑色の桜が、ここ丸岡で4月下旬から5月上旬でみられるという噂をききまして、福井総合グリーンセンターに行ってきました。

  4. 『最近のブーム』について

    最近、手乗り文鳥ブームなのでしょうか?私の周りでもちらほらと、小鳥を雛から育てているのが見受けられます。先日女子会でもないのですが、同じ年代のお母さまたちと、『最近のブーム』について話をしたのですが、そこでも手乗り文鳥や、手乗りインコの話題になりました。

  5. 牛肉ステーキバナナ添え 血行を良くしてストレスフリーに

    ≪材料≫2人分・牛肉(ステーキ用スライス)  8枚(約130g)・にんにく  1片・バナナ  スライス  8枚・オリーブ油  大さじ1・おろしじょうゆ  適量・付け合わせ(セロリ、しそ、パセリ)  適量① 牛スライス肉に塩・こしょうをす...

  6. 4月は生姜を植えよう!

    4月に生姜を植えるといいですよ。生姜は、1年を通じて欠かせないものです。特に夏には谷中生姜をガリガリかじりながら、ビールを飲むの楽しみでもあります。生姜好きな方は、自分育てた生姜を楽しんでみるのも、いいかもしれません。植え付け方として、大きい種生姜は3芽くらいづつに分割します。

  7. タラの芽のとげで予防

    昔から、たらの芽のトゲを煎じて飲むと、高血圧の予防やがん予防に効果があるといわれていました。たらの芽の効能を持ちながら取り除き捨ててしまうトゲを、無駄なく活用する生活の知恵です。作り方は簡単。鍋にたらの芽のトゲと水を入れ、弱火で煎じて飲みましょう。

  8. Instagram随時更新中です!

    東角建設 東京営業所のInstagramも随時更新中です!是非ご覧ください!https://www.instagram.com/p/Bf2CQpPgXMO/?hl=jaまた、東角建設 東京営業所のLINEも始めました!当社ホームページ内の友達追加のバナーから随時募集中です!...

  9. 花粉症の緩和、動脈硬化の予防に

    緑茶の佃煮≪材料≫2人分・茶殻  50g・ごま(すった煎りごま)  大さじ1A・水    2と1/2カップ・酒    1/4カップB・砂糖   大さじ1と1/2・しょうゆ 大さじ1・七味とうがらし  少々① 茶殻は水洗いし、さっと水気を...

  10. ランプシェードの埃取り

    小麦粉を適量の水で練ってだんごにし、シェードのホコリ部分に軽く押し当てるだけで、細かい目に入りこんだほこりまでキレイにとれます。和紙のランプシェードなど繊細な素材も傷めずに掃除できます。

ページ上部へ戻る