暮らしの広場

  1. エビとかぼちゃのオムレツ (身体を温め、消化率をアップする)

    ≪材料≫2人分・むきエビ(小)  40g   ・かぼちゃ  50g・ホールコーン(缶詰)  大さじ2・卵  3個   ・サラダ油  大さじ1・塩、こしょう  各少々1. かぼちゃはやわらかく茹で、5mmから6mm角に切る。

  2. 紙オムツを洗濯してしまったら

    紙オムツをうっかり洗濯機にかけてしまって、仕上がったら吸水物が散らばっていて、どうにもならない無残な姿に…という経験ありませんか? そんな時は、洋服を再度洗濯するのですが、塩を入れてもう一度洗濯すると、ポリマーが溶けて量が減ります。

  3. 胃の調子を整える

    蜂蜜は胃の炎症を和らげ、膜を作る働きを持っていると言われます。 胃の調子がよくない時は、朝起きてスプーン1杯ほどの蜂蜜をなめるといいですよ。 なめる時もなめた後も、食事までは水分をとらないようにするのがいいのです。

  4. 魔法の水に変身!

     野山の紅葉も終盤を迎え、師走の時期に突入しました。 毎年、ゆったりとした年末が過ごせるようにと願いますが、 もうすでに予定がびっしり!! 年末年始も分からないうちに年越しをしてしまいそうです。

  5. りんごとキムチの卵とじ (抗がん抑制の最強メニュー )

    ≪材料≫2人分・りんご  1/2個   ・キムチ  35g   ・卵  1個A だし汁:100cc  しょうゆ:小さじ2  酒、砂糖:各小さじ11. りんごは芯を取り、半分に切り、5mm厚さに切る。2. キムチは食べやすい大きさに切る。

  6. 甘くない柿を甘くする

    しぶ柿に限らず、甘くない柿を甘くする方法は、 柿10個に対しウィスキーコップ半分をビニール袋に入れ、 陽の当る所に2日から3日置きます。 たまに上下返してやると早く甘くなります。 焼酎でも甘くなります。

  7. タンスのカビ落とし

    たんすから衣類を全部出し中身を空っぽにしたら、たんす全体を水で30倍に薄めたカビキラーで拭き、その上からエタノールで拭き取ります。 全部綺麗にし終えたら、たんすの床に乾燥剤か除湿剤を入れてから衣類を入れ、一番上に防虫剤を置いて下さい。

  8. 抜けにくい髪をつくる

    シャンプー前は、お湯でしっかりプレシャンプー(予洗い)をするようにしましょう。 それだけでも、かなりの汚れは落とせます。 すると、シャンプーの泡立ちがよくなり、頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。

  9. 『棒巻パン作り』に挑戦しました!

    いよいよ寒くなってきましたね。この時期体調を崩さぬよう気を張り詰める毎日です。もうすぐインフルエンザの予防時期にもなるのですね・・・一年が駆け巡っています。先月号で紹介した「フライパンで焼くだけピザ生地ミックス」。

  10. 干しえびのパジョン (関節の変形を予防)

    ≪材料≫2人分・干しエビ 大さじ2(10g) ・にら 4本  ・パプリカ(赤) 適量A 上新粉 50g   白玉粉 50g   塩 小さじ1/4干しエビの戻し汁 150cc(足りない分は水を加える)卵 1個   サラダ油 適量タレ ...

ページ上部へ戻る