ブログ

牛もち揚げ団子 (血行をよくする)

0801n_06.jpg

≪材料≫2人分

・牛ひき肉  100g  ・もち米  1/2カップ

・水  1/4カップ   ・松の実  10g

A しょうがの絞り汁、酒、しょうゆ  各大さじ1/2
砂糖、塩    各少々   小麦粉、揚げ油      各適量

1. もち米は洗ってから2時間位水に浸け、ザルにあけ水気をきる。

2. 容器にもち米と水を入れ、蒸し器に入れて強火で約15分蒸す。

3. ボウルにひき肉とAを入れ混ぜる。

もち米とくるみを加えてさらによく混ぜ、6等分に分け小判型に丸める。

4. (3)に小麦粉をまぶし、180℃の油でカリッと色づくまで揚げる。

※もち米は先に蒸しておくと短時間で作ることができます。

もち米は体力を強化する働きを持ち、血行をよくして体を温める作用に優れています。栄養価が高く増血作用のある牛肉と一緒に食べ合わせると、冷え症改善に有効に働きます。鉄やビタミンEの豊富な松の実をプラスすることで、血行をさらに高め、貧血予防にも有効です。

(2016.1月号より)

ページ上部へ戻る