ブログ

暑い季節の入浴方法

 部分的な冷えは、血流が滞りやすいカラダの末端や、冷えると暖まりにくい皮下脂肪が多いおなかなどに多いもの。

暑い季節におすすめなのは、38度くらいのぬるめのお湯に、10分程度の短時間でつかる&炭酸ガスの入浴剤を使う方法。

これならのぼせたり、湯上がりに汗が止まらなくて、不快な思いをしたりといったこともなくなります。

10分間ほど首の下までしっかりつかると、肩が温まって血流がよくなり、肩こりの改善にも効果的。

疲れやストレスを感じているときは、キャンドルを灯したり、好きな香りの入浴剤を使用しながら、目を閉じて瞑想したりするのもいいですよ。

(2014.7月号より)

ページ上部へ戻る