ブログ

靴のカビには…

梅雨時や夏場、雨や汗でむれた靴を、そのまま放置しておくと、悪臭やカビの原因に。

シリカゲルを湿った靴の中に入れて保管しておけば、こうした悩みは解消します。

また湿気の多い靴箱の中にも、シリカゲルを入れた器を置いておきましょう。

旅行中の濡れたタオルや衣類は、シリカゲルといっしょにビニール袋にしまっておけば、臭いやカビの心配がありません。

汗などで湿気がこもる押入れやクローゼットの中にも、シリカゲルを忘れずに配置したいものです。

生石灰の乾燥剤ではなく、必ずシリカゲルを使用して下さい。

ページ上部へ戻る