ブログ

目ばかり、手ばかり

「目ばかり、手ばかり」という言葉を聞いたことがありますか?

これは料理の時に、さじやカップを使わずに、自分の目や手を使って、大体の量をはかる便利な方法です。

料理に欠かせない塩を計る場合は、こういう風にします。

親指と人差し指で塩をつまむと、大体小さじ八分の一の量と見ます。

これに中指を加えた指三本では小さじ四分の一の量。

片手でざっとつかんで小指と薬指を開いて残った量は大さじ約一杯分。

片手で塩を一握りすると大さじ約2杯分です。

ページ上部へ戻る