ブログ

語学のお話! それは・・・『時制を大切にすること』

梅雨開け宣言があり、いよいよ夏本番ですね!子どもたちの夏休みも本腰が入り、3度の食事にもネタが尽きてきた今日この頃です(笑)

今回は、語学のお話。長女がご縁を頂きまして、先日オーストリアのウィーンに出向きました。

私もついていこうと思っていましたので、語学力を磨こうと、ドイツ語と英語を勉強したのですが、その時に出会った本のお話です。

「会話もメールも英語は3語で伝わります」(ダイヤモンド社:中山裕木子)「中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本」

(ダイヤモンド社:ニック・ウィリアムソン)この2冊なんですが、1冊目は3年前に勉強したもの。

2冊目は今年購入したもの。中身を読んでいくと、2冊とも共通点がありました。

それは・・・『時制を大切にすること』でした。

例えば日本語の「彼は私を愛している」。この文は、日本語では時制があいまいですよね。

今なのか、少し前からか、ずっとなのか・・・。

でも、英語で“He Loves me.”は、「彼が私を愛しているのはいつものこと」というニュアンス。

「今この瞬間、彼は私を愛している」は、“He is Loving me.”。

「彼は私を愛していた」は“He Loved me.”。

「彼は私を愛していて、今愛してくれている」では“He has Loved me.”。

この時制をマスターすれば、英語は伝わりやすくなるということが分かりました。

なるほど、面白い!!

ちなみに、日本語で「チョコレートあるよ~!」は英語でどう表現するか??

みなさん、わかりますか?

さぁ。シンキング~!!

ページ上部へ戻る