ブログ

日焼け止めは良くない!

日焼け止めにはチタンをはじめ金属物質が多く含まれています。

それを皮膚につけて直射日光を浴びるのですから、化学反応が起きます。

日に焼けなくても、それが肌が黒ずみくすみの原因になるのです。

日焼け止めには紫外線散乱剤、紫外線吸収剤などが含まれていますが、

特に皮膚刺激の大きい紫外線吸収剤を使用したものは使わないようにしたいものです。

なるべく日傘や帽子などで防ぎたいですね。

ページ上部へ戻る