おばあちゃんの知恵袋

  1. ハニージンジャーで風邪予防

    生姜をキレイに洗い、ザルに入れて半日乾かします。生姜をスライスしたら、煮沸した瓶などに入れて、その上からハチミツを入れていきます。初めは混ざらないハチミツも、生姜のエキスが出始め、3時間くらい置いておくと、たぷたぷになってきます。

  2. 白髪予防に黒ゴマ

    白髪には、黒豆や海藻など、黒い食べ物がいいといわれています。なかでも黒ごまには「ゴマリグナン」という抗酸化物質が含まれていて、老化防止に効果的。ごまの有効成分は「セサミン」が有名ですが、セサミンもゴマリグナンの一種です。

  3. ごぼうの皮むきに

    ごぼうの皮むきには、クシュクシュと丸めたアルミホイルでこそげ取りましょう。軽く洗ったごぼうにアルミホイルを上から下になでつけるだけ!これで泥も皮も一気にこそげ落ちます。お試しください。

  4. 喉の痛みに

    乾燥がちになる季節になってきました。喉が痛くなりそこから風邪をこじらすことも。また、喉の冷えは血流を悪くします。そうなる前に、「たかのつめマフラー」を。手ぬぐいなどの布にたかのつめを2、3本入れて首に巻きましょう。

  5. 残ったクレソンを

    肉料理やサラダなどには欠かせない薬味のクレソン。クレソンは栄養価も高く、カルシウム、リン、鉄分などの無機質やビタミンC、カロチンが豊富に含まれています。実はこのクレソンには口臭を消す働きがあり、ヨーロッパでは「健康草」とも呼ばれているとか。

  6. テーブルの落書きに

    テーブルに書かれた油性のマジックの落書きを消すには、水に濡らした布巾に煙草の灰をつけて、落書きの部分をこすります。落書きは、書いたものや書かれたものの素材に応じて落とし方も異なります。

  7. 即席ぬか漬け

    ビールで手軽にできる、即席ぬか漬けの作り方。材料:ビール(飲み残しのビールで可)、パン2切れ、つけたい野菜、塩大さじ1。作り方:①食パン2枚を、適当な大きさにちぎって、ポリ袋に入れます。②次に上からパンが浸るくらいにビールを注ぎ、大匙1の塩を加えて、よくこねます。

  8. 乗り物酔いに

    乗り物酔いを避けるにあたって一番肝心なことは、空腹時や食後すぐは、乗り物には乗らない、ということです。ですからドライブ中、おやつなどをむしゃむしゃ食べていると、酔う原因に。特にオレンジジュースなど、柑橘類の食品の飲食は、吐き気をもよおす原因になるので、要注意です。

  9. 人参でシミ予防

    人参は、生より煮たほうが美肌に効くという検証結果が発表されました。人参は、生よりも煮て食べた方が、ベータカロチンの体内吸収率が1.6倍も高まるのだそうです。ベータカロチンには、紫外線から肌を守る効果があると言われていますので、シミが気になる人は、人参を生ではなく、煮て食べたほうが良さそうです。

  10. ワイパーでお風呂掃除

    お風呂掃除には、車や窓の掃除に使うゴムつきのハンドワイパーを活用すると、カビの原因になり易い水滴をサッととる事ができます。ワイパーで窓・壁・浴槽・床の水滴を落としたら、排水溝に向かって水を流し、古タオルや洗濯前のバスタオルで拭いて仕上げます。カビの予防ができ、掃除もらくになります。

ページ上部へ戻る