おばあちゃんの知恵袋

  1. カーネーションの花言葉

    赤いカーネーションの花言葉は『母の愛』。 花言葉を見ると、やはり赤いカーネーションが定番となるのも、納得がいきますね。 ピンク『感謝』、紫『気品』。 白は見た目はとても綺麗ですが、亡くなったお母さんに捧げるものとされているので注意が必要です。

  2. びわの葉風呂

    花粉がツライ方は、体が冷えていることも多いとか。体を芯から温めて、この春を乗り切りましょう。びわの葉には、体を温める成分がたっぷり。枇杷葉のお風呂で冷えた体をほぐしましょう。「枇杷葉の風呂」の天然ヒノキの香りに心身はリラックス。ああよい気分。

  3. わらびの灰汁抜き方

    わらびの灰汁抜きをする場合は、(1)木炭や重曹をわらびにふりかけてまんべんなくまぶしておきます。(2)その後、わらび全体が浸るくらいまで熱湯を注いで落し蓋をし、軽く重しをして一晩ほど置きます。その後、よく水洗いをします。

  4. 手ぬぐいをエプロンに

    手拭いを横に広げて、上側の角二つに70センチ以上のヒモを一本ずつ結ぶ。手拭いを胴に巻き、ヒモを背中側で交差させ前で結ぶと、カフェエプロン風の和風前掛に。手拭いなので「拭きたいだけ」手を拭えます。

  5. 窓ガラスの頑固な汚れに

    水で濡らした布に、ほんの少し塩をつけて窓ガラスの汚れが気になる部分を拭きます。 塩が汚れをふき取ってくれるので、きれいに落とすことが出来ます。 拭きにくいところや手が届きにくいところは割り箸に布を巻いて、布を濡らして塩をつけと綺麗になり易いです。

  6. 布巾の黄ばみ取り

    食器を拭く布巾に漂白剤を使いたくない自然派志向の方は、卵の殻で布巾を白くさせましょう。 鍋に水を入れて、その中に砕いた卵の殻4個程度、ふきん2枚から3枚を入れて10分煮立てます。 水ですすげば、ふきんの黄ばみが取れています。

  7. 黒物の糸くずを取るには

    黒や紺系の衣類は、ネットやストッキングに入れて洗濯します。 こうすることで細かいゴミから衣類を守ります。

  8. 余った節分豆で大豆ごはん

    といだ米に調味料(しょうゆ、酒、塩)と炒り大豆を混ぜ、普通の水加減で炊き上げる。 (米2カップの場合、しょうゆ・酒各大さじ2、塩少々、炒り大豆50g) ★人参、ごぼう、里芋、ひじき、きざみ昆布、しらすぼし、油揚げなどを混ぜて五目ごはんにしても。

  9. 余った節分豆でチョコクランチ

    余った節分豆をビニール袋にいれて砕きます。 刻みチョコレートをレンジでとかし、先ほどの砕いた節分豆をチョコレートとまぜ、クッキングシートに好きな形にならべます。 アーモンドチョコレートみたいでおいしいですよ。

  10. 柚子の冷凍保存の仕方

    冷凍する場合は、皮をなるべく幅広く剥き、白い部分をある程度そぎ落とします。 完全に黄色い部分だけにならない程度に残す事がポイント。 皮は刻まず、その状態でピッタリとラップで挟み冷凍します。 使う時は、皮は使う直前に凍ったまま白い部分を削り細く刻みます。

ページ上部へ戻る