おばあちゃんの知恵袋

  1. お肌のお手入れに

      入浴前か入浴したら直ぐに洗顔して、普段使用している美容液かクリームをつけます。 その後、湯船につかったり、体を洗ったりすれば、お風呂場の湿気がスチーム効果を発揮してくれます。

  2. アルミ鍋の黒ずみには

     リンゴの皮をアルミ鍋に入れて水で煮ます。リンゴの酸が黒ずみを取ってくれます。

  3. 鏡のくもり止め

     お風呂上りや朝の洗面後に化粧水で肌を整えたら化粧水が染み込んだコットンをそのまま捨てずに、ついでに洗面所の鏡の掃除をしましょう。 使用済みのコットンで鏡を拭いて、お風呂上りに使ったタオルやバスタオルで軽く磨きます。

  4. シミ抜き方法

    しょうゆのシミには、シミのついた布の下にいらない布を4つ折にして敷き、別の布に酒をたっぷりと染み込ませ、それで上から押さえると、下の敷き布にしょうゆがうまいこと移ります。 このとき、こすらないのがポイントです。

  5. 甘酒パフェ

    夏の疲れをとるには、甘酒が最適!今回は甘酒パフェを紹介します。 甘酒60gと 絹ごし豆腐1/2丁(さっと茹でて水切り)、 リンゴ だいたい1/2個(皮をむいて一口大に切る)、 レモン汁 小さじ1 をミキサーで混ぜるだけ。

  6. ビールでぬか漬け

     食パン2枚を適当な大きさにちぎって、ポリ袋に入れます。 上からパンが浸るくらいにビールを注ぎ、大さじ1の塩を加えてよくこねます。 中に野菜を入れて、冷蔵庫に1日置けば、漬物ができあがり。 ぬか床は1回で使いきります。

  7. 暑い季節の入浴方法

     部分的な冷えは、血流が滞りやすいカラダの末端や、冷えると暖まりにくい皮下脂肪が多いおなかなどに多いもの。 暑い季節におすすめなのは、38度くらいのぬるめのお湯に、10分程度の短時間でつかる&炭酸ガスの入浴剤を使う方法。

  8. クレソンの残りは

     クレソンは栄養価も高く、カルシウム、リン、鉄分などの無機質やビタミンC、カロチンが豊富に含まれています。 実はこのクレソンには口臭を消す働きがあります。

  9. エコ除湿

     お部屋のコーナーなどに、備長炭や竹炭などを籠にドサッと入れておくと、 除湿効果や臭い取りに最適です。 また、マイナスイオン効果もあるので、気分の良い空間ができあがります。

  10. 衣替えの衣服シワ

      片づけるときは縫い目や裾など、着たときに目立たない位置でたたむのがコツ。 ハンガーでの収納は吊るしている間に跡が付いてしまわないよう、肩幅の合ったハンガーを選びましょう。 気を付けて収納してもシワが付いてしまったときは、お風呂の蒸気を利用します。

ページ上部へ戻る