おばあちゃんの知恵袋

  1. 酒粕や米のとぎ汁で・・・

    昔ながらの方法で美肌を手にいれましょう! まず、酒粕には美肌、保湿、老化防止の成分が含まれています。 水やぬるま湯に混ぜてクリーム状になるまで練り、顔や身体に塗って 15分程度パックします。 しっとりもちもち肌になります。

  2. 外出時の冷たい飲み物

    まだまだ暑さは続きそうなので、暑さ対策まだまだいきますよ! ペットボトルの飲み物を冷凍庫で凍らせて、外出時に持っていくとき、最初のうちは溶けずに飲めなかったり、最後の方で溶け方の順番により味気ない飲み物になっていたりしませんか? 凍らせるポイントを変えれば...

  3. お菓子の乾燥剤を再活用!

    お菓子や海苔、ペットフードなどには、湿気ないように乾燥剤が入っています。 この乾燥剤、お菓子を食べ終わったら、ゴミとして捨てるのが普通ですよね。 でも捨てるのはちょっと待ってください! 乾燥剤にはまだまだ使い道があるのです。

  4. 日焼けの後の牛乳パック

    クレオパトラの時代から美肌の秘訣として活用されてきたという牛乳。 その保湿効果で潤いを与え、さらに肌に保護膜を作る作用で、日焼けによる乾燥を防ぎます。 ● 作り方&使い方 (1) 冷蔵庫で冷やしておいた牛乳を小さな容器に入れる。

  5. 夏こそ重曹風呂

    暑い夏は、シャワーだけという人も多いでしょう。 でも、冷房で冷えきった体を温めるためには、湯船につかる入浴を。 夏の入浴剤におすすめなのが重曹。 湯船に大さじ3杯ほどいれると、お湯がやわらかくなり、湯上りもさっぱりします。

  6. 湿気ったおせんべいは

    おせんべいが湿気った場合は、電子レンジで加熱すれば パリッとおいしく食べられます。 おせんべい4枚で500Wの電子レンジの場合、20秒から30秒加熱し、 冷めたら食べましょう。

  7. 靴は週休3日制!

    靴は1日履いたら、次の日は別の靴を用いて、その靴は1日休めるというふうに、1勤1休式の利用が長持ちする秘訣です。 また靴は1日履くとコップ1杯分の汗を吸収すると言われています。 特に多量に水分を吸った雨の日などは、3日は履くのをやめて、完全に乾かしてからに。

  8. カビ臭い部屋には

    湿気やカビで部屋の臭いが気になるときは、お茶の出番です。 使い終わったお茶の葉をフライパンで炒り、煙が出始めたら、臭いが気になる部屋にフライパンを持ち込みます。 煙にはお茶の香りが含まれていますから、その香りで部屋の臭いを消し去るのです。

  9. パン、ご飯を腐りにくく

    梅雨でも安心!すごく長い間食パンのカビを防ぐ方法。 ウィスキー少量をペットボトルのフタに入れ、パンと一緒にパン保管容器に入れます。 途中でウィスキーを入れ替えなくてもOK。 それだけで2週間以上はもちますよ。

  10. 傘の防水復活!

    雨の時期になる前に。 傘の防水性能がなくなり、水をはじきにくくなってきたら。 乾いた状態の傘にドライヤーの温風を30秒程あてると、水はじきが復活します。 必ず乾いた状態の傘にドライヤーしてくださいね。

ページ上部へ戻る