おばあちゃんの知恵袋

  1. 黒物の糸くずを取るには

    黒や紺系の衣類は、ネットやストッキングに入れて洗濯します。 こうすることで細かいゴミから衣類を守ります。

  2. 余った節分豆で大豆ごはん

    といだ米に調味料(しょうゆ、酒、塩)と炒り大豆を混ぜ、普通の水加減で炊き上げる。 (米2カップの場合、しょうゆ・酒各大さじ2、塩少々、炒り大豆50g) ★人参、ごぼう、里芋、ひじき、きざみ昆布、しらすぼし、油揚げなどを混ぜて五目ごはんにしても。

  3. 余った節分豆でチョコクランチ

    余った節分豆をビニール袋にいれて砕きます。 刻みチョコレートをレンジでとかし、先ほどの砕いた節分豆をチョコレートとまぜ、クッキングシートに好きな形にならべます。 アーモンドチョコレートみたいでおいしいですよ。

  4. 柚子の冷凍保存の仕方

    冷凍する場合は、皮をなるべく幅広く剥き、白い部分をある程度そぎ落とします。 完全に黄色い部分だけにならない程度に残す事がポイント。 皮は刻まず、その状態でピッタリとラップで挟み冷凍します。 使う時は、皮は使う直前に凍ったまま白い部分を削り細く刻みます。

  5. むくみとりには

    朝、顔がむくんだり、夕方になると足がむくんで靴下の跡がクッキリという人は、 水分代謝を活発にする海苔を毎日食べましょう。 足のむくみを取るには、ひざ真裏より、外側をやや強めに両手で押して戻す。 3回ほど繰り返すとむくみがとれますよ。

  6. 拭き掃除に霧吹き

    霧吹きに水を入れて、手に取りやすい場所に置いておきます。 汚れを見つけたら、噴霧して布や紙で拭き取ります。 汚れによっては、布に噴霧して拭きます。 古くなったシーツなど、吸水するものを手のひらサイズにカットし用意しておけば、すぐ拭けますよ。

  7. のどの痛みに小麦粉焼酎湿布

    小麦粉大さじ5杯に、焼酎大さじ3杯を加えて耳たぶの硬さまで練り、ラップで板状にくるんで首に巻きます。 この小麦粉焼酎シップが喉を温めて、体にこもった熱を下げてくれます。 小麦粉が乾くまで使えます。

  8. ホタテの缶詰で簡単スープ

    しょうがを薄くスライスして、少量のサラダ油などでさっと炒めます。 香りが出てきたら缶詰のホタテ貝柱を汁ごと加えます。 さらに適量の水を加えて酒、醤油、塩、こしょうで味付けすれば、簡単でおい しい中華風スープができます。

  9. プチ寒さ対策

    電気こたつを使う場合は、こたつの中にアルミ面を上にしてレジャーシートを敷くと「弱」の熱量で「中」の暖かさになります。 冷たいキッチンの床は、マットの下にダンボールを敷くと暖かです。 眠る際に首にスカーフを巻くと、体が温まり風邪予防にも。

  10. 冬にはウコン

    カレーの香辛料ターメリックはショウガ科の多年草です。 肝臓に良いと知られています。 胆汁の分泌を促進する作用があり、肝機能を活発にします。 生で使うのが一番です。 ウコンをおろして、大根おろしに混ぜて食べます。

ページ上部へ戻る