おばあちゃんの知恵袋

  1. 靴のカビには…

    梅雨時や夏場、雨や汗でむれた靴を、そのまま放置しておくと、悪臭やカビの原因に。シリカゲルを湿った靴の中に入れて保管しておけば、こうした悩みは解消します。また湿気の多い靴箱の中にも、シリカゲルを入れた器を置いておきましょう。

  2. 目ばかり、手ばかり

    「目ばかり、手ばかり」という言葉を聞いたことがありますか?これは料理の時に、さじやカップを使わずに、自分の目や手を使って、大体の量をはかる便利な方法です。料理に欠かせない塩を計る場合は、こういう風にします。親指と人差し指で塩をつまむと、大体小さじ八分の一の量と見ます。

  3. ストレスはためこまない!

    ストレスや緊張を感じているときは、呼吸は浅くて、息苦しいもの。こうしたときは血液中の酸素も十分ではなく、心もそわそわして落ち着きません。これではストレスや疲れが、なかなか抜けないのも道理です。

  4. 廃油ボックスに!

    廃油の処理に牛乳パックが大活躍!軽く丸めた新聞紙を牛乳パックの八分目までつめて冷ました廃油を流し込みます。

  5. 濡れた靴には!

    雨に濡れた靴は、火にあぶった新聞紙を靴の奥まで詰め込んで乾かします。新聞紙を火にあぶれば、新聞紙の水分が飛び、より多く水分を吸収してくれるからです。靴の奥までつめることで、型崩れの防止にもなります。

  6. ウイルス護身術!

    体温を下げないためにも、お茶やコーヒー、紅茶等温かい飲み物を積極的に取りましょう!気温の暑い日でも温めの飲み物がいいですよ。手洗いは20秒以上丁寧に。 うがいは1日1回塩水でうがいをするのをおすすめします。

  7. 窓廻の掃除にスポンジ!

    梅雨の時期に最適な掃除場所はサッシ回りです。湿度が高い時にすると、細かいほこりが舞いにくいからです。網戸の汚れは雑きんなどで水を使って拭くと、さらに汚れが、ひどくなりますよね。網戸のお掃除には、水を使う必要はありません。乾いた2個のスポンジでOKです。

  8. ストレスを吹き飛ばせ!

    ストレスを抱えると自律神経のバランスが崩れて、便秘や腰痛、不眠で悩むことにも。ストレスはその場その場で吹き飛ばしたいですね。それには泣くことが一番。泣くとなぜかスッキリしますね。

  9. スギナ茶で健康維持

    スギナにはカルシウムがたくさん含まれています。ほうれん草の100倍~150倍!利尿作用もあるので、腎臓病のむくみにも効果があります。また、スギナに含まれるケイ酸は血液中の酸素の活力を高め内臓を元気にするとか、そのケイ酸は抜け毛予防にも効果があるそうです。

  10. キャベツでウィルスを!

    キャベツは体内に侵入したウイルスや細菌を、はばむ効果がある野菜。抗ウイルス成分であるビタミンCは、100g中、50mg前後と高水準です。また、キャベツの抗ガン作用はニンニクの次に高いことが公的に認定されています。

ページ上部へ戻る