おばあちゃんの知恵袋

  1. 眠れない時には

    寝る前にホットミルクを飲むといいようですよ。ホットミルクは体を内側からやさしく温めてくれ、リラックスさせてくれます。また,牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸は、睡眠をうながすホルモンの分泌を高めてくれるので心地よい眠りが訪れますよ。

  2. 二枚爪を防ぐには

    二枚爪になる原因は、乾燥、タンパク質と鉄分の不足、爪切りです。切れの悪い爪切りを使用する事が二枚爪の原因となります。特に、爪が乾燥している場合は割れやすくなっています。二枚爪の予防のためには、出来るだけ爪ヤスリでまめに削るようにしましょう。

  3. ふきの葉で春の味わい

    ふきの葉っぱでお菓子を包むと、春の香りと色彩を添えておもてなしができますよ。注意点としては、葉に水分があるので、干菓子はお砂糖が溶けてしまいます。お饅頭やお団子のような水分のあるお菓子がお薦めです。チョコレートやマロングラッセなども楽しいですよ。

  4. 日焼け止めは良くない!

    日焼け止めにはチタンをはじめ金属物質が多く含まれています。それを皮膚につけて直射日光を浴びるのですから、化学反応が起きます。日に焼けなくても、それが肌が黒ずみくすみの原因になるのです。

  5. ごはんの炊き方に失敗したら

    水かげんを失敗してごはんがごっちんになった時は、日本酒を利用すればうまうまに。    日本酒は、お米3合につき大さじ1杯。

  6. お風呂でストレス解消法

    ストレスを感じると、血管が収縮するので血流が悪くなり、体温がいつもより低めの状態です。お風呂で体を温めて、スカッとさわやか、ストレスを解消しましょう。おすすめはみぞおちあたりまでの量の、38℃前後のお湯に二十分ほどつかる半身浴。

  7. 黄ばみには・・・

    食器を拭く布巾に漂白剤を使いたくない自然派志向の方は、卵の殻で布巾を白くさせましょう。鍋に水を入れて、その中に砕いた卵の殻4個程度、ふきん2~3枚を入れて10分煮立てます。水ですすげば、ふきんの黄ばみが取れています。またハンカチや靴下などの漂白には、レモンによる漂白がお勧めです。

  8. 二日酔いにはトマトジュース

    トマトジュースは、二日酔い時の頼れる用心棒です。ビタミンEの4倍もの抗酸化力を誇る成分のリコピンが、二日酔いの犯人セトアルデヒドの働きをストップさせるとともに、リンゴ酸やクエン酸が胃を元気に力づけてくれるのです。二日酔いの朝は、体がからからに乾いていますね。

  9. 住  包丁やハサミのお手入れに

    砥石がなくて切れが悪くなった 包丁のお手入れができない時も、アルミホイルが大活躍です。やり方は簡単。二つ折りにしたアルミホイルに包丁を差し入れて、ただスパスパと切るだけです。包丁の切れ味が、すぐに戻りますよ。

  10. 衣  コーヒーや紅茶のシミに

    シミの下にタオルをあて、布に炭酸水をしみ込ませて上からシミの部分をたたきます。

ページ上部へ戻る