おばあちゃんの知恵袋

  1. 靴下手袋でお掃除!

    靴下の手袋。この秘密兵器で面倒なお掃除も楽々スッキリ!古靴下をまず見つけてください。使い捨てにしますから、くれぐれもくたびれたものを。それを手袋のように両手にはめます。

  2. 大根の葉のお風呂

    大根の葉のお風呂は、冷え取りの薬湯です。大根の葉は栄養が豊富です。ビタミン、カルシウム、鉄分などのミネラルや、ビタミンAのベータカロテンなど、体を元気にする成分がいっぱい。大根の葉を干して、葉の滋養をぎゅっと凝縮、入浴剤に用います。作り方:大根1本分の葉をざく切りにします。

  3. バナナで力を発揮!

    バナナは長時間にわたってエネルギーを体に与えてくれる食べ物です。バナナは果糖やショ糖など、バラエティに富んだ糖類を含んでいて、その種類ごとに体の吸収時間が異なります。糖類は体のエネルギー源。それで1本のバナナでも、エネルギーが、長い時間、持続するというわけなのです。

  4. 冷蔵庫の悪臭には

    冷蔵庫で一番気になるのが、なんといっても悪臭です。お掃除の後は、万全な臭い対策をしたいですね。重曹を粉のまま皿に入れて冷蔵庫内に置けば、この悪臭が防げます。またレモンの切れ端や、焦がしたパン、使用済みのカイロを冷蔵庫に置いても、消臭効果がありますよ。

  5. ゆでた人参ジュース

    人参は、生より煮たほうが美肌に効くそうです。人参は、生よりも煮て食べた方が、ベータカロチンの体内吸収率が1.6倍も高まるのだそうです。ベータカロチンには、紫外線から肌を守る効果があると言われています。シミが気になる人は、人参を生ではなく煮て食べたほうが良さそうです。

  6. 電子レンジの汚れには

    耐熱容器に重曹小さじ1とお湯100㎖を入れ軽く混ぜます(耐熱容器の8分目まで)。3~4分加熱後約10分そのままにし、重曹の蒸気で庫内の汚れを浮き上がらせます。加熱した重曹液を、キッチンペーパーにしみこませ、庫内を拭きます。

  7. 黒色の衣類には

    黒系の衣類はナイロンの網袋に入れるといいですよ!黒や紺系の衣類は、ネットやストッキングに入れて洗濯します。こうすることで細かいゴミから衣類を守ります。

  8. お腹の調子を整える

    りんごには腸に良い成分が豊富です。カリウムや食物繊維のペクチンが、おなかの善玉菌を元気づけ、腸の働きを活性化します。このりんごを煮た「煮りんご」は消化がよくて、おなかをケアする食べ物として、昔から伝えられています。

  9. 冷蔵庫の掃除には

    まず冷蔵庫のお掃除に欠かせないのが重曹です。重曹大さじ2を、水500㏄に溶かします。この重曹水を布巾につけて、冷蔵庫内の汚れなどをふき取っていきます。こもった臭いも汚れと共に除去できます。重曹水はスプレーボトルに入れ布巾に吹きつけながら掃除をすると便利ですよ。

  10. 天然入浴剤でリラックス

    心身にパワーが失せて、疲れが抜けにくくなったなら、レモンやお茶がらを使って、入浴をしましょう。心身がリラックスして、疲れ解消です。【レモンバス】輪切りのレモンを数枚、入浴直前にお風呂に浮かべます。レモンのクエン酸が、疲労成分の乳酸を分解してくれますよ。

ページ上部へ戻る