暮らしの広場

  1. 余った節分豆で大豆ごはん

    といだ米に調味料(しょうゆ、酒、塩)と炒り大豆を混ぜ、普通の水加減で炊き上げる。 (米2カップの場合、しょうゆ・酒各大さじ2、塩少々、炒り大豆50g) ★人参、ごぼう、里芋、ひじき、きざみ昆布、しらすぼし、油揚げなどを混ぜて五目ごはんにしても。

  2. 余った節分豆でチョコクランチ

    余った節分豆をビニール袋にいれて砕きます。 刻みチョコレートをレンジでとかし、先ほどの砕いた節分豆をチョコレートとまぜ、クッキングシートに好きな形にならべます。 アーモンドチョコレートみたいでおいしいですよ。

  3. 柚子の冷凍保存の仕方

    冷凍する場合は、皮をなるべく幅広く剥き、白い部分をある程度そぎ落とします。 完全に黄色い部分だけにならない程度に残す事がポイント。 皮は刻まず、その状態でピッタリとラップで挟み冷凍します。 使う時は、皮は使う直前に凍ったまま白い部分を削り細く刻みます。

  4. 今年のバレンタイン

    年が明けてから、我が家は旦那様の転勤話でテンヤワンヤ!!四人の子どもたちを連れて行く判断ができず、単身赴任に。往復10時間の距離に戸惑いを感じながら送り出しました。

  5. たくあんのシソ巻 (抗アレルギー予防に)

    ≪材料≫・青じそ   20枚   ・たくあん(5cm長さ)   130g・練り辛子  適量A ・酢 1/2カップ  ・砂糖 大さじ1/2  ・塩 少々1. 青じそは水で洗い、水気を拭き取ります。

  6. むくみとりには

    朝、顔がむくんだり、夕方になると足がむくんで靴下の跡がクッキリという人は、 水分代謝を活発にする海苔を毎日食べましょう。 足のむくみを取るには、ひざ真裏より、外側をやや強めに両手で押して戻す。 3回ほど繰り返すとむくみがとれますよ。

  7. 拭き掃除に霧吹き

    霧吹きに水を入れて、手に取りやすい場所に置いておきます。 汚れを見つけたら、噴霧して布や紙で拭き取ります。 汚れによっては、布に噴霧して拭きます。 古くなったシーツなど、吸水するものを手のひらサイズにカットし用意しておけば、すぐ拭けますよ。

  8. のどの痛みに小麦粉焼酎湿布

    小麦粉大さじ5杯に、焼酎大さじ3杯を加えて耳たぶの硬さまで練り、ラップで板状にくるんで首に巻きます。 この小麦粉焼酎シップが喉を温めて、体にこもった熱を下げてくれます。 小麦粉が乾くまで使えます。

  9. 特別ポチ袋でお年玉♪

    あけましておめでとうございます。この本誌を発行するようになって、早6年。今年はウマ年なので、駆け足のごとく過ぎ去っていくのでしょうか?そんな年だからこそ、じっくり確実に物事を進めていきたいです。新年といえば、お年玉が楽しみのひとつですよね。

  10. にら粥 (免疫力強化)

    ≪材料≫2人分・ごはん  茶碗1杯分   ・水  2カップ   ・にら  30g・長いも  50g   ・卵  1個   ・しょうゆ、塩  各少々1.にらは小口切りにする。2.長いもは皮をむき、1cm角に切る。

ページ上部へ戻る