ブログ

「遺品整理」は、“お別れの儀式”

この仕事をしていますと、解体やリフォーム時に相談を受けるのが、遺品整理についてです。『どうしていいかわからずに、ずっとこのままなんです。』という方が多いです。調べてみますと、そういった『遺品整理』を専門にしている方に出会いました。坂井市坂井町にある「合同会社 遺品整理サービス」の伊藤さんにお話を伺いました。

……「遺品整理」は、亡くなられた故人に思いをはせる“お別れの儀式”です。お葬式やお寺参りなどと違い日程に追われることもありませんから、じっくりと思い出に浸りながら故人とのお別れを充実させたいものです。

しかし現実には、身内の方だけでは遺品整理できない場合も多くあります。そのようなお困りごとに対処するのが「遺品整理業」といわれる私たち専門業者です。遺書や手紙、日記や写真、預金通帳や保険証書、そして現金も勿論きちんと見つけて遺族の方にお渡しします。また、廃棄するモノが多い場合も分別を行い、ルールに則って廃棄します。それらの作業と廃棄は有料となりますが、環境に配慮し適切な方法で廃棄しなければならない現代社会の中ではやむを得ません。

少子高齢化や核家族化。近年、人口の都会への集中。要因は色々ありますが、それは介護や家・墓などの管理、遺品整理の『担い手』が地方から居なくなることを意味しています。みなさんはどう思われますか? 亡くなられたご家族との、最後の“お別れの儀式”として遺品を整理するということを。……

ただ捨てればいい。ではなく、ちゃんとした思い出にすることも大切なのだということを学びました。皆様も、遺品整理をと思いったったら、是非「合同会社 遺品整理サービス」さんにお電話を!!

ページ上部へ戻る