ブログ

「テレビ撮影」と「毛糸編物技能検定」

先月は初体験の出来事が続いた月でした。①つ目は、「テレビ撮影」。10月の1か月間は表紙のモデルハウスの紹介がケーブルテレビで放送されます。その撮影が先日ありまして、福井ケーブルテレビの『てくてく歩こさ』でおなじみの、山下さんと私が、モデルハウスの見どころや設計ポイントを語っています。テレビの収録は初めてで、1カットずつ収録していく様子は、不思議な感じで、福井弁丸出しの恥ずかしい映像になったかと思います。今年の夏にダイエットでもしていたらな…と後悔の念も…(笑)。そして、公開の様子を写真に収めるのを忘れたという大失態!!その様子はこちらに載せることはできませんので、是非東角建設弊社のホームページ、または福井ケーブルテレビご覧ください。

②つ目は、「毛糸編物技能検定」を受講したこと。こちらは以前から挑戦したいと思っていたことの一つです。3~5級の手引きを取り寄せて、どの階級から受けるか迷いましたが、とりあえず3級から挑戦してみようと!!この技能検定も、思ったよりも難しく、なんせこの近辺で近い試験会場が富山か京都という難所付き(笑)。

検定試験は3級だと、筆記試験が2科目と実技試験が2科目で、筆記試験は製図という服の形を1/5縮尺で描く試験がありました。実技試験は、アフガン編みとかぎ編みの課題で1時間半、棒編みの課題で1時間半の2種類を編み図通りに編み上げて台紙に止めるというもの。受験番号『1』というのにも驚きでしたが、会場に付いたら受験するのは3人!! しかも、一人欠席で3級は私のみ。

結果は後日のお楽しみです♪

ページ上部へ戻る