おばあちゃんの知恵袋

  1. わらびの灰汁抜き方

    わらびの灰汁抜きをする場合は、(1)木炭や重曹をわらびにふりかけてまんべんなくまぶしておきます。(2)その後、わらび全体が浸るくらいまで熱湯を注いで落し蓋をし、軽く重しをして一晩ほど置きます。その後、よく水洗いをします。

  2. 手ぬぐいをエプロンに

    手拭いを横に広げて、上側の角二つに70センチ以上のヒモを一本ずつ結ぶ。手拭いを胴に巻き、ヒモを背中側で交差させ前で結ぶと、カフェエプロン風の和風前掛に。手拭いなので「拭きたいだけ」手を拭えます。

  3. 窓ガラスの頑固な汚れに

    水で濡らした布に、ほんの少し塩をつけて窓ガラスの汚れが気になる部分を拭きます。 塩が汚れをふき取ってくれるので、きれいに落とすことが出来ます。 拭きにくいところや手が届きにくいところは割り箸に布を巻いて、布を濡らして塩をつけと綺麗になり易いです。

  4. 布巾の黄ばみ取り

    食器を拭く布巾に漂白剤を使いたくない自然派志向の方は、卵の殻で布巾を白くさせましょう。 鍋に水を入れて、その中に砕いた卵の殻4個程度、ふきん2枚から3枚を入れて10分煮立てます。 水ですすげば、ふきんの黄ばみが取れています。

  5. 黒物の糸くずを取るには

    黒や紺系の衣類は、ネットやストッキングに入れて洗濯します。 こうすることで細かいゴミから衣類を守ります。

  6. 余った節分豆で大豆ごはん

    といだ米に調味料(しょうゆ、酒、塩)と炒り大豆を混ぜ、普通の水加減で炊き上げる。 (米2カップの場合、しょうゆ・酒各大さじ2、塩少々、炒り大豆50g) ★人参、ごぼう、里芋、ひじき、きざみ昆布、しらすぼし、油揚げなどを混ぜて五目ごはんにしても。

  7. 余った節分豆でチョコクランチ

    余った節分豆をビニール袋にいれて砕きます。 刻みチョコレートをレンジでとかし、先ほどの砕いた節分豆をチョコレートとまぜ、クッキングシートに好きな形にならべます。 アーモンドチョコレートみたいでおいしいですよ。

  8. 柚子の冷凍保存の仕方

    冷凍する場合は、皮をなるべく幅広く剥き、白い部分をある程度そぎ落とします。 完全に黄色い部分だけにならない程度に残す事がポイント。 皮は刻まず、その状態でピッタリとラップで挟み冷凍します。 使う時は、皮は使う直前に凍ったまま白い部分を削り細く刻みます。

  9. むくみとりには

    朝、顔がむくんだり、夕方になると足がむくんで靴下の跡がクッキリという人は、 水分代謝を活発にする海苔を毎日食べましょう。 足のむくみを取るには、ひざ真裏より、外側をやや強めに両手で押して戻す。 3回ほど繰り返すとむくみがとれますよ。

  10. 拭き掃除に霧吹き

    霧吹きに水を入れて、手に取りやすい場所に置いておきます。 汚れを見つけたら、噴霧して布や紙で拭き取ります。 汚れによっては、布に噴霧して拭きます。 古くなったシーツなど、吸水するものを手のひらサイズにカットし用意しておけば、すぐ拭けますよ。

ページ上部へ戻る